吃音克服策 面接対策

【吃音でも大丈夫です】吃音でも合格できる面接対策




吃音の方にとって、人生最大の鬼門が面接です。

アルバイトの面接でも

就職活動の面接でも

話す態度や内容で評価が決まってしまうことは、

なかなかスムーズに言葉を発声することが得意でない吃音の方は、精神的にも辛いです。

吃音という事実を面接官に事前に伝えるか否かという問題は、なかなか議論の絶えない課題です。

個人的には避けた方がよいのでは、と思います。

その理由としては、

そもそも吃音について周りの人に知識がない。

という点に尽きます。


私の就活の経験を語りますが、吃音と伝えても、吃音って何状態でなんか変なヤツがいる的な空気感になり、よけい自分が委縮しました。

また、吃音に対しての知識がない方の前で、

「自分は吃音だ」

と前置きをした上で話すと、


逆に吃音が相手にとって目立つようになり

吃音が出るたびに表情が険しくなってくるのを目の当たりにして、自信喪失しました。

※企業側で吃音に対する理解があるという雰囲気であれば、面接の前段階で吃音がある旨を伝えることはよろしいと思います。

就職した後、職場内の上司に吃音という課題を事前に伝えるのは、仕事を円滑にこなす上では必要だと思います。

しかし、ことさら就職活動という他者との「競争」の場においては、逆に自分が不利になる面も結構あるのではと感じます、




勿論、吃音を放っておく、というわけにはいきません。

慎重な対策を考えて勝負に挑む必要がありますので、以下に代わりの改善策をいくつかご紹介いたします。

最後にも伝えますが、ただでさえ緊張するし、自分の言葉でものごとを語ることで評価される「面接」は吃音の方にとって試練の一つです。

しかし、しっかりと練習すれば、大丈夫です。合格できます。



私も吃音持ちで小学校ぐらいからよくどもってます。今でもどもりは出るので、試行錯誤の日々です。

こんな私でも、複数の面接試験、グループワークも合格できました。



一方で、吃音でなく何の不自由もなく話せる人も落ちるときは落ちます。

要は事前の準備や心構えをしっかりすれば、吃音であろうがなかろうが変わらないです。


吃音でも合格できる面接対策





「助走」と「言い換え」

「助走」

吃音により言葉が出づらいときに、頭に「えー」などの言葉をつけることで、後に続く言葉の発声を滑らかにすることを「助走」と言います。私は連発系の吃音持ちなのですが、この方法は案外効きます。

あまりにも「えー」を連発しすぎると目立つので、本当に言いたい言葉の先頭の文字を発声するための手段だ、と意識し「えー」の音量は低めしましょう。練習すればできるようになります。

「言い換え」

言いにくい言葉を、似た意味を持つ別の言葉に置き換えて発声することを「言い換え」と言います。

例えば私はア行の音を出すことが苦手なので、ア行の言葉がすんなり出ないときは、別の言葉で置き換えながら発声をしています。

例えば「学生時代に打ち込んだことは?」という面接における鉄板の質問に対しては、普通に「〇〇に打ち込みました」と答えたいのですが、

打ち込み(うちこみ)の「う」が出づらい・・・。

そんなときは

「〇〇を頑張りました

とか

「〇〇に精を出しました

などと同じ意味を持つ言葉に言い換えをしていました。

堂々とした態度で話す

小手先のテクニックなんかよりも「堂々と話すこと」を心掛けた方が面接官へ良い印象を与えます。

言葉がどもると「またどもってしまった・・」というネガティブ思考になり、せっかく良いことを言っているにも関わらず、態度に自信のなさが滲み出てよくないです。

以前の記事でも書いたように、

吃音って意外と周りの人は本人が思うほど気にしていないことも多いです。

それに、堂々としていれば、それだけで面接官の目にとってはプラスになりますし、

自分にとっても自信がつくことから、吃音を和らげることができるかもしれません。

いずれにせよ、「競争」の場では、自分の弱みを見せず、どもりながらでも堂々としていたほうが評価は高いです。

まとめ



いかがでしたでしょうか。

今回は吃音の方が悩む面接の乗り越え方について、ご紹介しましたが、

確かに言葉のキャッチボールの出来で評価が下される以上、吃音の方は面接では色々と大変な面もあります。

でも、先にも伝えた通り、結局は吃音であろうがなかろうが関係ありません。

希望する企業に入りたい、

自分の選んだ道を進みたい

こういった熱意を現実化するために、

「では、どうするか?」

と、試行錯誤を続けていけば、吃音など関係なく面接は合格できます!

-吃音克服策, 面接対策

© 2020 吃音克服の道しるべ Powered by AFFINGER5